スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
【ドラマが好き!】V6岡田クンにドキドキ、「脚本」はもっと快感!ヒエー!!(SP)
2008.01.14 (Mon)

 
★即決!ノートPC★プロバイダ加入セットパソコン!店頭価格30,000円の富士通ノートFMV655ノー...
   岡田准一と堤真一だったら、ゴールデンでもおかしくないのに何故に23時? しかし今、新しいこと、挑戦的なことをやろうとしたら、この時間帯の方がやりやすいのかもしれない。   SPとはセキュリティポリス(要人警護官)のこと。テロリストをせっかく逮捕しても、分を超えているとなじられ、なにやら警視庁の中ではビミョーな立場のようだ。主人公の井上薫(岡田)は、幼い頃に受けたトラウマから、五感のみならず第六感も鋭い特殊能力が備わっているらしい。   久々のドキドキ感。CMが入るたびに大きく息をついて、どれだけ力入れて見ているんだか。

お買い物は楽天で^^

   トラップと伏線を張り巡らした脚本がスゴイ。次々と視聴者のウラをかくテクニック。鏡に向かって自らを鼓舞するSP、どんな手強い相手が待ち受けているのかと思ったら、お見合いって・・・。警護対象者(マルタイ)が殺られた!と胆をつぶすと、それはただの訓練だったり、井上の妄想だったり。   特にエピソード3、マルタイはシャワー室で毒を飲まされ、死んでしまったはずなのに生きてるってどういうこと? しかもチラッと映った犯人の口元、岡田くんみたいだし。キツネにつままれたようで、それが井上の想像だったのだと理解するまで録画を3回も見てしまった(そうとうニブイ私?)。こんな禁じ手もアリなのね。   一方で、同じくエピソード3...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)






スポンサーサイト
【編集】 |  20:15 |  今日の話題   | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。