スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
みのもんた声優初挑戦で「キムタク」へのライバル心チラリ
2008.01.23 (Wed)

 
【中古CD】SMAP/009
 世界一忙しい司会者の異名をとるみのもんたが22日(火)に都内スタジオでアニメ映画『ONE PIECE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜』のアフレコに挑戦。芸能生活40周年で声優に初挑戦することとなったみのは、すでに声優デビューを果たしているSMAP・木村拓哉へのライバル心をチラつかせた。

自身の演じるムッシュールらと肩を組むみのもんた

 本作の舞台となるドラム王国の王・ワポルの兄で“ノコノコの実”の能力を持つ悪者・ムッシュール役を演じたみのは初挑戦ながら堂々とした声優っぷりを披露。これには主人公モンキー・D・ルフィの声を担当する田中真弓も「そんなにうまくやられたら困るよ。江戸っ子っぽいムッシュールになってますね」と舌を巻いた。

お買い物は楽天で^^



 大ベテラン声優から賛辞を受けたみのだが、声優の仕事は思った以上に大変だったようで「二度とやりたくないですね。もう無理ですわ」と弱音をポロリ。「キムタクが声優をやった、と聞いていなかったら引き受けなかったね。負けたくないでしょー」とアニメ映画『ハウルの動く城』で主役ハウルの声を演じた木村へのライバル心を覗かせる場面も。さらに報道陣から「次は映画はどうですか?」との質問が飛ぶと「(木村主演の)『武士の一分』をやりたかったんだよねー。山田(洋次)監督に言っとかなきゃ」と笑い飛ばしていた。

 『ONE PIECE』の原作者・尾田栄一郎が劇場版で初めて原作・企画協力したアニメ映画『ONE PIECE エピソードオブチョッパープラス 冬に咲く、奇跡の桜』は、3月1日(土)より公開...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)






スポンサーサイト
【編集】 |  08:19 |  今日の話題   | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。